読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あの日から1年

雑記

もう、あれから1年経つのですね。
復興への道のりは、いまだ険しいと聞いています。
被災された方々に、改めてお見舞い申し上げます。

こんな辺境のブログですが、いちおうデイリーで数百単位のページビューはありますゆえ、
震災直後は情報発信の責務を感じ、各方面から集めた情報をまとめて掲載したこともありました。
どれだけお役に立てたのかは分かりませんが。

その後の原発問題や輪番停電などで感じた、
「この国はいったいどうなってしまうのか」
という、得体の知れ無い不安感は、今も忘れることが出来ません。


「たまたま、その場所にいただけ」という理不尽な理由で、
1万数千人もの人命が奪われたあの日。
裏を返せば我々は、たまたまその場所にいなかったがゆえ、助かったに過ぎない。
人生はいつ、何が起こるか分からない。
そんな陳腐な言い回しが、きわめてリアルに感じられる一年だったように思います。


「被災地のために出来ることは何だろうか」
と考えつつ、募金以外に明確な行動を起こせていないのですが。

何に使われるか分からない募金や、とりあえず行ってみる的なボランティアに従事するよりは、
具体的な特定の場所の再建を支援する方が、シンプルで実行しやすいのかな?との思いから、
これからは石巻にある「石ノ森萬画館」の復興再建を、微力ながら支援していこうと考えてます。
http://www.man-bow.com/manga/
…まあ、支援とはいってもグッズを買うとかぐらいしか出来ませんけれど。

萬画館は僕にとってとても思い出深く、
マンガ・ヒーロー好きなら誰でも楽しめる、すてきな場所だったのですが…。
震災による津波で甚大な被害を受け、
現在も再開館の目途すら立っていません。

困難を極めるでしょうが、何とか復活してほしい。
今はそんな気持ちでいっぱいです。
復活したそのときには、僕も是非足を運ぼうと思ってます。



と、僕が今思ってることをつらつらと書いてみました。
お目汚し失礼。
次回更新からは平常運転に戻ります。


最後に。
亡くなられた方々のご冥福を、心よりお祈りいたします。