読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『とらのあな蒲田店オープン記念イベント』に行ってきた

最近オープン記念イベントに呼ばれる機会の増えたモモーイさん。
今回は大田区・蒲田に新規オープンとなった「とらのあな蒲田店」の、オープン記念イベントと言う形で、
モモーイのトーク&ミニライブ&ハイタッチ会が行われました。


当日は余裕を持って、17時くらいには会場到着のつもりでしたが、
直前にアキバレンジャーCD発売イベントの情報が飛び込んできたため、
急遽秋葉原のゲーマーズに寄り道。
イベント整理券は無事ゲットできたものの(まだ一桁台でした)、
会場となる大田区産業プラザPIOへの到着時刻は、18時を軽く越えておりました(;^ω^)

四階からロビーを見下ろしてみた。お洒落空間。


まずは会場入口で入場チケットと整理券を交換。
家元の番号は68番でした。

ホール入口ではモモーイ関連グッズの販売が。
CD各種、ペンライト、とらのあな限定Tシャツ(以前コミケで販売したものと同じ。)
会場限定の缶バッジ二種、ルミカライト各色などなど。
せっかくなので、缶バッジ二種とモモーイTシャツをゲット。

イベント会場のコンベンションホールは、規模的には萌えフェスの会場の80%くらいの大きさと想像してもらえれば。
平日夜ということで、どのくらいお客さんが集まるか気になっていましたが、
結局チケット番号で100番は超えていたようです。
人口密度的には掛川FCイベントのフロア部分くらいの印象で、程よい感じ。


19時開演ということでしたが、前説が始まったのが19時5分過ぎ。
司会はとらのあな蒲田店の方。結構イベント慣れしている様な感じでした。

モモーイの登場は19時11分ごろ。

つーか、この日のモモーイがまた可愛くって!
春らしいパステルブルーのメイド調コスチュームで、
さらに絶対領域も標準装備。いやぁ眼福ですなぁ。
いずれブログなどにUPされた日には、みんなも光速で保存しよう。

その後のイベント進行は恒例の質問大会→ミニライブという流れ。
司会からの「とらのあなの思い出話を聞かせてください」の振りに「今発売してる経済界に書いてあるんですけど〜」と返したりw
Cafe with Cat(以前アキバにあったとらのあな経営のカフェ)のことを司会者が「暗黒史」と称したり(;^ω^)
ハイタッチ会の発祥はビリビリガールズのイベントだった!という裏話が聞けたりと、
いつもながらトークの切れ味は抜群。

時間が押した割にお尻の時間は動かせないらしく、
質問大会は早々に切り上げて、ライブパートへ。
ライブのセトリは下記の通り。

  1. Party!
  2. とびだせ!3D
  3. ここだよ
  4. しょうわ
  5. LOVE.EXE
  6. 非公認戦隊アキバレンジャー

短評。

【Party!】久しぶり過ぎてコールをほとんど忘れてた(;^ω^)

【とびだせ!3D】先行上映会でバッチリ覚えたつもりだったんだけど、「そいやそいや…」を入れるタイミングを思いっきり間違えるなど。「ダメ!ダメ!ダメ!」の部分は早くも大合唱状態。

【ここだよ】とらイベでは恒例?のここだよ。家元的には京都インストア以来。この曲を作った頃は、2曲くらい歌うと息切れして大変だったというモモーイ。そういえば僕もそんなイメージ持ってた頃もありました。

【しょうわ】もう歌わないのかとヤキモキしてましたw 安定の盛り上がり。

【LOVE.EXE】今回のメリゴは後方に2つ出現。圧縮は控えめでした。良い意味でいつもどおりでした^^

【非公認戦隊アキバレンジャーそして本日最大のサプライズ。歌う可能性は低いだろうなと思っていただけに、これは嬉しい誤算。本邦初公開の場に立ち会えて幸せです。初めて聞いた2番の歌詞は…やっぱりヒドイw 覚えてる部分を書くと「葵たんの キーホルダー バッグにつけててヲタバレ」とか、山形ユキオ氏がアニマルボイスで「パンツ〜!」と絶唱していた、などなど。ぜひCD買ってフルで聴いて欲しいなぁ^^


イベントの最後はハイタッチ会。
壇上に上る前にスタッフの方に、手指消毒用のアルコールを使うように促される。
最近はこんなこともやってるんですねぇ。
ハイタッチということで超速ベルトコンベアも覚悟してましたが、
実際は短めの握手会と同じくらいのコミュニケーションは取れる感じでした。


ということで、歌もたっぷり、初披露曲あり、ハイタッチありと、
予想以上に楽しめたイベントでした。
というか、アキバレンジャーが嬉しすぎ!
これで参加費630円とか、リーズナブル過ぎ。
ありがとうモモーイ、ありがとうとらのあな蒲田店。


なお、この日の模様はビデオ収録されていたので、いずれ何らかの形で公開されると思われます。