読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長島☆自演乙☆雄一郎『アニソンDJでおっつおつ!』発売記念トーク&サイン会@ニコニコ超会議 に行ってきた

ニコニコ超会議』内で行われた、自演乙選手のトーク&サイン会に参加してきましたよ。

この日はモモーイが午前中に『超テクノスクール』という、ニコニコ公式生放送ステージに参加するプログラムだったので、
僕もそれに合わせて行動するべく、余裕を持って幕張に足を運ぶ予定でした。

…思いっきり寝坊した件(;^ω^)

まあでも、開場時間には余裕で間に合うでしょう。と車で出発。
いつもの通りに高速道路のインターに入ったら、ありえない大渋滞。
訝しみつつ先へ進んでみると、
えっ?前橋南→高崎は通行止めなの?


要はゴールデンウィークゆえの渋滞ではなく、例の観光バスの惨事だったわけです。
なんとも痛ましい限りで、事故に遭われた方はお気の毒という他無い。


そんなわけで、関越を使って幕張まで行くという家元プランはこの時点で崩壊。
思案の末、北関東自動車道→東北道という大回り迂回ルートをチョイス。
この時点でナビ計算上の幕張到着が10:15。
前日の超会議で入場待機列の手際の悪さが問題になっていた(らしい)ことなどを考えると、
到着してもモモーイの出演するステージには、間に合わないと思われました。

ガックシ(´・ω・`)

心の折れてしまった家元さん、佐野ラーメンをすすりながら考えた。
テクノスクールは後でタイムシフト試聴できるし、
午前中は秋葉原に行ってアレを済ませてこよう!

方針転換。まずは秋葉原とらのあなで「非公認戦隊アキバレンジャー」のイベント整理券を確保に走ります。
蒲田イベントのときにゲーマーズ分は確保していたのですが、そのときは情報が出ていなかったので改めて。
とらBの2Fで無事に整理券をゲット。
僕の時点で番号は10番台後半でした。GW期間中には無くなってしまいそう。

そしてアキバレンジャーといえば、この日はヨドバシカメラマルチメディアAKIBAで、
アキバレンジャーとの握手会が予定されていたのです!

ええ、もちろん行って来ましたとも。
がっちり握手と、写真もポーズを決めて納めてきました^^

連休中の交通安全を願って、「戦う交通安全」ポーズ。


そんな握手会から離脱したのが12時15分ごろ。
そこから車を首都高→湾岸線と走らせ、一路、幕張へ。
会場についたのが13時半だから、大型連休にしては道路状況はスムーズだったといえるでしょう。

で、酷い酷いと悪評だった入場列を探す。列はどこですか〜?
係員「もうありませんよ」
なんと一日にして、入場の混乱は対策されていたのでした。

あっさりと入場してみると、ホール内は大混雑(;^ω^)
おまけに予備知識ゼロかつ、マップも持たずに飛び込んだものだから、
どこに何があるのか、「秋葉工房」のブースがどこなのかサッパリ分からないw

それでもまあ、こういう形式のイベントには慣れた身なので。
なんとなく要領はつかめていきます。
ホールはABCにブロック分けされていて、このうちAブロックがコミケで言うところの「企業ゾーン」なわけですな。
さて、確か秋葉工房はA-16だったはず。えーと、A-14、A−15…。あれ、見当たらないよ?

なんか小間の番地の振り方の法則性がめちゃくちゃで、また迷子(;^ω^)
けっきょく明後日の方向に秋葉工房のブースを発見。
…ま、マップ持って行けよ、という話ではありますが。


場所の確認がとれたので、ひと通り会場内を巡回。
感覚的にはTAFの印象に近いですが、あちこちでユーザー体験型のイベントが行われている辺りは、
さすがニコニコのイベントと感心。
気になったのが暗幕を張ってホールを意識的に?薄暗くしている件。
薄暗いと犯罪(スリや置き引き)が発生しやすくなるのですよー。
雰囲気作りもわかりますが、できれば明るくしておいたほうが良いのでは?
と、主催を経験した立場から、余計な助言をしてみるテスト。

さらに気になったのがフードチケット制度。
確かに模擬店っぽくて文化祭らしさは出てた。使い切り需要で客単価も上がるでしょう。
でもフードチケット購入に大行列は無いわ(゚Д゚)
並ぶのに焦れてしまった家元はホール外のレストランで食事しましたよ。
次回も同じやり方にするなら、もう少しオペレーションを練って欲しいところ。

まあ、ぶつくさ言いつつも楽しむんですけどね。

勢いで買ってしまった「脳波で動くネコミミ」。自分に似合わないことは百も承知。
こういうネタモノは旬を逃すわけにはいかんのだ。
さっそく装着してみると、確かにピクピクと良く動くのですが、ランダムに動いてるようにしか思えない(;^ω^)
他のモモイストもこぞって購入していたので、せっかくだから客席で装着して、モモーイに弄ってもらいましょう。

乙選手のトーク開始は15時から。その前に行われていたイベントが10分前に終了し、
観覧希望者はイベントステージ前に集結。
ステージといっても、ちょっとしたひな壇の上に椅子が3脚。
まあブースイベントですからね。

つーか、椅子超近い!!(苦笑)
ひな壇と最前列の間に何もないので、必然的に最前はかぶりつき状態。
モモーイの座る位置によっては、ほぼゼロ距離で観覧することに。
そして、このアングルはもしかして…。

ぱ、パンチラあるd///

開始予定時刻を10分ほど過ぎたところで、まずは司会の成田童夢さんが登壇。
なんと急遽MCをするハメになったそうで、そもそも何のイベントか把握できていない状態w
バタバタしつつも主役の乙選手、ゲストのモモーイを呼び込みます。

この日のモモーイは、春というより初夏のイメージ?
小さな麦わら帽子がなんとも可愛らしい感じでした。
そして最近のお気に入りなのか、またもスカート+絶対領域。眼福眼福///

ステージ上の椅子に着席を促す童夢さん。このまま座ってくれたら、見せパンゲットの激アツチャンス!
しかしそのとき、ステージにかぶり付く野獣たちの目線を敏感に感じ取ったモモーイ

「ちょっと待って、このまま座ったら私、パンツ丸見えになっちゃうじゃん!」

というわけで、急遽椅子の高さが調節され、無事モモーイの秘密の部分は守られたのでした。
代わりに僕達の眼前には自演乙選手の股間がwww


家元3年ぶりの見せパンレポ、成らずっ…!!

さて、MC役の童夢さん、あまりにもぶっつけ本番過ぎて進行がノープランすぎ。
ということで?ナチュラルにモモーイがイベントの司会進行を務めていきます。
トークの内容はもちろん、先日発売されたCD『アニソンDJでおっつおつ!』について。

  • 収録曲のうち『☆自演乙☆ソング』のみ原曲のまま。乙選手自身も「アレンジされると思ってた」
  • ジャケットのイラストが某団長に酷似してますが、一応ちゃんと許諾取ってます(怒られないように)
  • 曲間の乙選手の叫び声は、収録時のアドリブ。「何て言おうか考えた結果、ステマ乙!と叫んだりしてます(笑)」
  • 今度イベントでDJをやることになって、やり方が分からず困ってサオリリスに質問。真剣に答えてくれたサオリリスのメールを無視していることが判明。「ステージで筋トレをやれば?と書いてあって、どんな筋トレをしようかと考えはじめたら、返信するのをすっかり忘れてました。このイベントが終わったらちゃんと返信します(笑)」
  • モモーイは幕張への移動の車の中でこのCDを聴いてきたそうで、ちょうど宿泊先のホテルに到着した時に最後の曲が終わったとのこと。「聞いたかみんな、モモーイはここから収録時間分、車で走ったところに住んでるぞ!特定班はよ(笑)」

で、良い感じにトークが盛り上がってきたところで、なんとイベント終了のお知らせ。
まだ開始20分も経ってないんだけど( ゚д゚)
うーん、もうちょっと話を聞きたかったなあ。

そして、せっかく猫耳を装着して臨んだ僕達ですが、予想通りモモーイには弄ってもらえずw
やっぱりモモーイは最前にレスくれない傾向ありますよね〜。


ええー?家元が最前に行かない理由ってそこなのかい?


そんな短くも楽しいトークの後は、乙選手のサイン会。
会場でCDを購入した人が、CDジャケットにサインを入れて貰える段取り。
僕もしっかり並びました。
なにげに、乙選手との交流はこれが初。

乙「名前はなんて書きましょうか?」

家「えーと、じゃあ、いえもとで…」

乙「んんー?なんか知ってる気がするぞぉ〜?」

キノセイデスキノセイデス



がっちり握手した乙選手の手は、格闘家って感じでした。

今日は二人もヒーロー(アキバ系)に握手してもらったぜ!

朝から色々波乱万丈な一日でしたが、最終的には大満足でしたよ。
パンチラは拝めませんでしたが(ぇ


余談。家元も帰りの車の中で、CDを再生してみました。
えーと、収録曲がちょうど終わったところが、モモーイの住んでるところなんだっけ?
そして再生が終了した時、そこは…。


大渋滞で首都高の上でした。
そっかーモモーイこんなところに住んでるのかー(チガイマス