読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『あんぎゃ 〜モモーイ世界の旅〜』日本青年館 レポ

1年ぶりのワンマンライブ!
ということで、秋晴れの元、神宮の杜まで足を運んで参りました。

13:45 日本青年館に到着。
物販開始は14時から。

並んでいたのは新作アイテムのみ。
あんぎゃTシャツはサイズ表記より気持ち大きめの印象だったので、購入の際は念頭に入れておきましょう。
ペンライトはモモーイ初の黄色。…黄色曲ってあったっけ?(;^ω^)
ストラップとカンバッヂはセット販売。
タオルはシンプルなデザインで「momo-i quality」のアイテムを彷彿とさせます。
僕も購入しましたが、新品特有の匂いがちょっとダメで、この日は使用しませんでした。一回洗わんとなー。

これは新作のリストバンド。
マジックテープで蓋ができるミニポケットがついているのだ。
使い道としては、ワンドリンク制のライブでドリンクチケットを入れたりすると良いと思われ。

折りたためばコール本も入る!かも?
※かなり無理があります

今回もコール本の制作に参加させていただきました。
アルバム発売→ワンマンライブまで間がなかったこともあり、制作が難航(;^ω^)
結局、当日ギリギリまで編集作業をやっておりました。無事に皆さんにお渡しできて何よりです。
表紙は「某貧乳コスプレアイドルさんの初ワンマンライブが収録されたライブCDのジャケット画像」が元ネタ。
分かる人には分かってニヤニヤしてほしい、というコンセプト。

15:00 コール本の配布はいったん打ち切り。
青年館1Fにあるハワイアンカフェで昼食。

口コミ一覧 : カウカウ カフェ KAUKAU CAFE[食べログ]

台湾から来られたモモイストの皆さん(かめちゃん達)とも一緒。
彼らは毎年、年末のFCイベントにも来られている熱心な方々(昨年は僕と同室だったり)。
モモイストまじ国際的。

17:30 開場30分前になったので、再び入場口前の階段へ。配布再開。
モモイストの皆さんも続々と登場。

18:55 開演5分前ギリギリまで配布して、家元も会場入り。

フラワースタンドの数々。アメブロ系の皆さんのフラスタも見えますね。
急いで撮ったので、撮り漏れがあったらゴメンナサイ。



サプライズ!12月発売予定のシルバーアクセが展示されていました。
制作されるのはこちらのブランドさん。

haraKIRI : 株式会社三船屋

男女用で価格が違うのはチェーンの長さの兼ね合いとのこと。

開演ギリギリに入場したので、モモーイが吹き出したという前説カゲナレは聞くことが出来ませんでした。
この日はビデオカメラも何台か入っていたようなので、映像ソフト化されるなら、是非その前節も入れて欲しいですw

19:03 開演時刻よりもちょっと押して場内暗転。以下セットリストとMCダイジェストなど。

1.恋のタイム・リミット

2.Count down! Party night!

みなさんこんばんは!モモーイこと桃井はるこです。今日やばいな天気!私昨日、Siriに天気を聞いたんです。そしたら「明日は雨が降るでしょう」とか言われたのに、晴れまくりじゃないですか。
さてさて、アルバム曲から2曲お送りしたわけですが、続いてはアルバム以外の曲を続けてお届けします。

モモーイのSiriの発音イントネーションが「尻」と同じだった件w

3.勝利の女ネ申☆

4.IVY 〜アイビー〜

歌うと思ってなかった女ネ申と蔦が来て家元大歓喜。モモイスト純度が高いからか、久しぶりの曲でもリューム色は綺麗に染まります。

5.Hide and seek

6.2001年のゲーム・キッス

私今日はすごいチャレンジしてるんですよ。ステージ衣装で初めてジーンズを履きました。Gパンとかズボンとか言ったら古い?(笑)
続いての曲は、聞いた人から「面白い曲だね」と言ってもらえることが多い曲です。

7.おせっかいFB

8.キャピ夏☆HIGHてんしょん!

さてさて、ここからはゆったりした曲が続くので、よかったら座ってください。ここで座ったらおっさんとか言わないから(笑)
次の曲は、今年の夏がとにかく暑くて、そしたら、いままでよく分からなかった「レゲエ」というものが分かったような気がしたんです。なので、初めてこんな曲をつくってみました。

9.Rudy Goody

10.カラフル・アクアリウム

どうですかね。みんな寝ちゃいそう?寝てもいいですよ、それだけリラックスして聞いてくれてるってことだから…。
「いや、ダメだろ」っていう心の声が聞こえた気がした(笑)

11.Life is free -momo-i version-

12.月と星のうた

あのね、今度の新しいペンライトは、色が黄色なんですよ。事務所の人が勝手に決めたんですけどw でも良い色が出てると思いませんか?点滅したりウェーブ発光したりする優れものなんです。
ちょっとお水飲みますね〜。(お水おいしい〜?)
…私、自分のライブくらいは、規制とか無し、禁止とかそういう縛りなしで、「私が法」で良いと思うんです。でも一個だけ禁止して良いですか?
お水おいしい禁止(爆笑)。
理由は私が嫌だから(笑)だってもう様式美みたいなものじゃん!そういうのは心のなかでやりとりしようよ。私も心のなかで(うん、美味しい)って思うから(笑)
次の曲は、海外でよくやってるカバー曲を続けて。

13.Butter-Fly

14.ゆずれない願い

あ、おへそが出てた、恥ずかしい〜。こういう衣装の時は恥ずかしいのが不思議。え?ぷにょぷにょしてる?いいの!ぷにょぷにょしてないと声量が出ないんです!
いやー、でもこんな名曲でも、私が歌うとヲタのことを歌ってるように思えて仕方ないんですよね(笑)。心の地図ってなに?薄い本?(爆笑)

15.もっと、夢、見よう!! (2011 Ver.)

16.LOVE.EXE

椅子席EXEはメリゴ出来ないけど、それはそれで楽しいね。そしてヲタ芸率10割w

私、アルバムの制作が終わってからお休みを頂いてて、神宮球場に野球を観に行ったりしてたんですけど、そこで人生初!ファールボールをゲットしちゃいました。今日のライブ成功祈願のお守りに、と思ったんだけど、お父さんにあげちゃった(笑)
つーか、やっぱりお休みはするものだなと。1週間ぐらい携帯の電源を切って情報を遮断してみたんですけど、改めて日頃如何に自分が、凧のように色々紐付いているか、ということを実感しました。
あとね、実は前からずっと「翼を下さい」と言う曲が気に入らなくて(笑)
ちょー有名で、誰でも知っている曲を、こんな風に言うのはアレですけど。何が気に入らないのか分かりましたよ。
「この背中に 鳥のように 白い翼 付けて下さい」のフレーズ。付けて下さいって、なんで他力本願なんだよ!
翼ってのは、頑張り続けて、ある日突然、自分の内側から生えてくるもんなんだよ!!そんな人からもらった翼で哀しみのない自由な空なんて飛べるか!(笑&拍手)
そう思ってたのに、先日のニコニコ超会議で歌うハメになって、ますますトラウマになり(笑)
そんな色々な思いがこもった、アルバム収録後に出来た新曲を歌いたいと思います。
先日のインストアに来てくれた人、ワンマンではサプライズ無いとか言ってゴメンナサイ!

17.カイト(表記不明)

ということで本邦初披露となった「カイト」は、もちろんボカロ曲ではなく(;^ω^)、
「凧のように糸を繋がれて飛んでいた私は、糸が切れて落ちるときに自分が「鳥」だったことに気づいた」
という歌詞の内容だったような。モモーイ流に「翼をください」をリビルドするとこうなる、といった感じ。
もちろん?モモーイ流のアッパーなロックです。ツアーでも歌うような発言があったので、ツアー参加者は楽しみに待つと良いでしょう。

いかがだったでしょうか。ごめんね、みんな予習したかったよね(笑)とりあえず作ってはみたものの、この先どうなるか分からない状況ですけど、ツアーでも歌ってみたいので、その時はよろしくお願いします。
次の曲の前に、ちょっとお水を飲みますね…。
(お水おいしい?)
禁止だっつってんだろーがオラァ!!!!(爆笑)

18.S・N・S・N・S!

リュームの色はSとNだけに、赤と青をチョイスしてみました。放課後電磁波クラブ的な意味で。

さてさて、あっという間に、残り2曲になってしまいました。
(えー!今きたばっかり〜!)
私ね、10年以上前に東京ゲームショウのステージに立ったことがあって、その時の映像がようつべに上がってるのを見たんですけど、そこでもう「今きたばっかり〜」って言ってました。
これは規制しない。許すよ(笑)だって伝統芸能みたいなものじゃん…。いいんだよ!だって結局、規制なんて、好きか嫌いかってことなんだよ!(笑)
次の曲は…。曲作りって凄く孤独で、でもライブが始まると一気にみんなが居る世界に飛び出す。その感じが「生まれる」ってこういうことなんじゃないかなって。そんなことを曲にしてみました。

19.Live Alive

個人的にアルバム随一のネ申曲。モモーイの心情とは別に、僕的にはモモーイが疎遠になってしまった状況のなか、このライブで「やっと逢えた」的な想いを重ねていました。

20.とびだせ!3D

本編終了。モモーイ&バンドメンバーはここで一旦袖へ。


5分間ぐらいのアンコールの声援。「もいちどはるこが見たい」に応え、まずモモーイが壇上へ。

なんか緊張したけど、ここからは「あんぎゃ」Tシャツを着て、リラックスしていきますよ。
今日カップルで来たって人いますか?(はーい)爆発しろー!(笑)

そしてバンドメンバー紹介。とーるちゃんを始め、信頼出来るおなじみのメンバーの皆さんでした。

アンコールはですね…。みんな「あの曲歌わないの?」って思ってる曲がありますよね?
でも一人じゃ歌えないんですよ。だから、会場のみんなが、山形ユキオさんの代わりに歌ってくれますか?

En1.非公認戦隊アキバレンジャー

歌わないことはない、と思ってましたけど、正直歌ってくれてホッとした(;^ω^)
モエモエズキューーンを持参して良かったです。変形は手動ですけど、遊べるおもちゃなんで買って損はないですよ?(ステマ乙)

En2.sweet suite room

最後は濃密なライブの余韻をかみしめるようにバラード締め。モモーイライブでは珍しい。
マイク無しでのモモーイ挨拶は「とっても楽しかったです!」小学生の感想文かw


モモーイも自分のブログで書いてますが、とにかくモモーイの「自然体」が強烈に印象に残りました。
それはモモーイの衣装(B.G.Mフェスにつづいてジーンズルック)だったり、MCの自由さだったり。
ワンマンライブというより、FCイベント的なホーム感が強烈に出ていた様な気がします。

そして、それで何の問題もなかったということを、はっきり記しておきたいw
とにかくこの日の2時間半は楽しすぎるくらい楽しかった。
時間が過ぎるのがあっという間で、名残惜しさMAX。
翌日久留米に行ける人が羨ましかったですよ。

昨年の「しょうわ歌謡ショー」ではモモーイの「余裕」を感じましたが、
今回はそれをさらに上回るナチュラル感。
スタンディングライブにあるような緊張感はちょっと足りなかったですが、それはツアーの各会場で補完することにしますw

ともあれ、単独ライブとしては抜群に素晴らしく、ツアー開幕ライブとしても見た時も、絶好のスタートを切れたと断言してよいでしょう。
素晴らしいライブを届けてくれたスタッフの皆さん、モモーイ、ありがとうございました。

そして一緒にライブを楽しんだモモイストの皆さん、お疲れ様でした&ありがとうございました。
やっぱりモモイストは最高っすねヽ(´ー`)ノ


そうそう、「この曲歌って欲しかった」的なものがあればブログに書いて欲しい、とかモモーイが曰われてたので、
僕も書いてみたいと思います。


やっぱり中年館つながりで小麦曲歌って欲しかったなー!