読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ネタ記事】輝け!2016 家元ゴールデンイエデミー賞

2016年もお世話になりました。

 

今年は夏にモモーイのセルフカバーアルバム発売などもあったので、ブログ更新頻度は2015年よりは多くなりました。それでも月一ペース以下で申し訳ありません(汗)

そんな辺境のブログに足をお運びの皆さん、いつもありがとうございます。

 

年末はコミケの2日目にサークル参加をしております。

コミケの後は品川に移動して年内ラストのモモイベに参加予定。お会いする皆さん、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

さて例年、年末年始恒例の『くるくるレコード大賞』の場にて、家元的なレコード大賞、ベストライブ賞を発表させていただいております。

 

 上の動画は下半期のエントリーで、大賞の発表は年明けに公開する動画をお待ちいただくことになりますが、今回はそれに先駆けて、家元的な今年『賞をあげたい諸々』を発表させていただきたいと思います。年末年始の暇つぶし、待機列の読み物としておつきあいください(?)

 

【2016ベスト映画賞】

この世界の片隅に


映画『この世界の片隅に』予告編

 

軽い気持ちで観に行って度肝を抜かれた、今年度どころか日本映画史に残る空前の一作。

戦争の渦中で「日常」を続けなければならない人々。ライフハック的な生活のTIPSを淡々と描きながらも、根底には暗く激しい時代の濁流が怒涛のごとく流れている。このバランス感覚には舌を巻く。

原作者も監督もリアルには戦争を知らない世代。ゆえに戦争の悲惨さ凄惨さに関する描写はどうしても甘くなる。しかし本作はそれを逆手に取り、視点を田舎の庶民にすることで、当時の世俗描写を徹底的に突き詰める方向でリアルさを追求した。

これが大資本、大配給会社の作品であったなら、もっとキャッチーでセンセーショナルな戦争描写を盛り込まざるを得なくなり、作品の手触りが違うものになっていただろう。そういう意味ではインディーズ的に小さな制作体制であったことは、良い方向に働いたと考えて良いと思う。

 「火垂るの墓」がトラウマになっている人にこそ観て欲しい。オススメです。

 

 

 【2016ワースト映画賞】

 ・劇場版艦これ

 


『劇場版 艦これ』本予告

 

作品単体の出来は悪くない。いやエンタメとしてみれば及第点は上げても良いと思う。突っ込みどころというか「もう少し何とかならなかったのか」的なポイントはあるものの、「金返せ」的な駄作ではない。

 

では何がワーストなのか。それは単に

・いくらなんでもTVアニメの尻拭いすぎる

ことに尽きる。

TVアニメ版はゲームの設定を中途半端に描写した挙句、肝心の敵である『深海棲艦』の正体や狙いについては触れないまま、

「みんなでわるいやつをやっつけたけど、ごうちんしたかんむすはかえってきませんでした」

という、腰の引けた上に後味の最悪な結末にしてしまった。

今回の劇場版はその「描かずに逃げた」深海棲艦の正体について、やっと描写がされている。こんなのTVアニメ版の1クールで十分描ききれる内容だ。TV版で敵の正体に触れなかったのは、ゲーム版では意図的に描写せず曖昧にしている事柄が、アニメで描くことで公式化してしまうことへの恐れがあったのだろう。

僕は映画ではもっとスケールの大きな艦隊戦や、劇場版オリジナルのラスボスやらとのバトルを観たかったのだ。こんなアニメで積み残したOVAのような内容のアニメが観たかったわけではないのだ。

あとこの映画に限らないけど、せっかくのクライマックスを、勝った負けたの明確なカタルシスにせず、敵味方の戦いが精神世界の対話的に、なんとなく雰囲気で収まっちゃうパターン。いい加減陳腐だから止めたほうが良いと思います。

 

 【2016ベストライブ賞】

→年明けに発表します 

 

 

【2016ワーストライブ賞】

・アニメロサマーライブ


"PASSION RIDERS" Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-

 

アニソンフェス群雄割拠のなか、旧態依然のフォーマットが陳腐化するさまを、まざまざと見せつけられた3日間。

左団扇で3日間満員御礼、という夢はもう見ないほうが良い。

良席を確保するためのコストが割高(月額会員+円盤購入+チケット代)でヘビーな箱推しユーザーを狙ってる割に、出演者ラインナップはヘビーユーザーには馴染みの薄い若手中心という、何ともチグハグなビジネスモデルの弊害がモロに出たのが、金曜日ガラガラという惨状だったのではないか。

あと、こうしたフェスの中では度を越して運営がナルシスティックなのもどうか。アニソンの素晴らしさを伝えたいのは分かる。分かるが、もう少し控えめで良いだろう。ポエミーな呟きは観客だけで十分。唯一評価できるのは今年のテーマソング。ジェネA以来の良曲で久し振りに高まった。

来年も3Days開催が決定したそうで、お手並み拝見したいと思います。

 

【2016家元レコード大賞

→年明けに発表します

 

 

ということで、年内の更新はこれでラスト。来年もこんな感じの更新頻度になりそうですが、細々とやっていきますのでよろしくお願いいたします。

 

良いお年を!