読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祝・アルバム『Pink Hippo Album セルフカバー・ベスト』発売!

Tokyo Toricoレーベルでは2枚目のアルバムとなる、モモーイの『Pink Hippo Album セルフカバー・ベスト』が無事に発売されましたYO!

 

というわけで、店着日のとらのあな池袋店Aにて無事にゲットしてまいりました。なんか事前に「発売延期かも?」「入荷日未定ってマジ?」とか不穏な情報が飛び交っておりましたが、蓋を開けてみればアニメショップ各店、普通に新譜コーナーに陳列されておりました。(何故かゲーマーズだけは発見できませんでした。店着遅れ?)

 

家に帰って早速、開封の儀。

f:id:momo-itimes:20160719195427j:plain

 

ジャケット・デザインは既出でしたが、ブックレットの中も撮りおろし写真がふんだんに収録されていますよ。やっぱりスタジオ撮影って良いよねぇw

家元はラジオオンエアやワロップでのアルバム曲先行披露は、意図的にシャットアウトしておりましたので、ようやくフルで全曲聞くことが出来ました(倍速恋愛時計だけは表参道でネタバレ喰らいましたがw)。

 

曲についてですが、とりあえず大幅に印象が変わったのが「Last Stop」かな。分厚いバンドサウンドとゴージャスなモモーイの歌声の相乗効果で、艶っぽさ満載というか、ボーカリストの凄みを感じるというか(;^ω^)とにかくパワフルで、

 

全然風に飛ばされそうじゃないけどな。

 

あと、めっちゃ高まったのが『Reckless fire』。イントロAメロからトップスピードだぜ。速さが足りない!とか言わせないぜ。熱いぜ熱いぜ熱くて死ぬぜ。桃井さんJAM入れますよ(また言ってる)

直後の『ロックンロール☆バレンタイン』で膝から崩れ落ちるわけですがw

 

全体として、

元が甘々→ハードに

元がハード→甘めに

という傾向はありますが、所謂ちびモモーイ曲でも、極端に甘く振り過ぎない塩梅だったり、といった、曲ごとに違うさじ加減を楽しむのが、このアルバムの聴きどころかと。この辺り、モモーイのボーカリストとしての「円熟の歌声」を再度魅せつけられた感じです。

 

さて、ワンマンライブではこのカバー曲群も披露されるわけですが、生バンドで演奏されたら、果たしてどのようなものになるのか。ますます楽しみになってきました。

それまで通勤電車でヘビロテしておこうと思います。