読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ライブレポ】桃井はるこワンマンライブ2016『Pink Hippopo 魂!!!』レポその①

一週間前のこと。

表参道GROUNDという、耳馴染みの薄いライブハウスでは、モモーイも出演する、小桃音まいさんの主催ライブが催されていました。

 

f:id:momo-itimes:20160718145347j:plain

 

日曜昼、それもかなり早い時間からのライブでしたが、幸いモモーイの出演は14時過ぎとアナウンスされていたので、僕はその少し前に会場入り。

フロアには100人ほどのお客さん。うちモモイストは20人くらいってところだったかな?小桃音まいさんの出番が終わると、まいにゃのファンたちは後ろに下がり、

「桃井さんのファンの方、前へどうぞ〜」

と促してくれます。桃井現場は後ろが楽しい、が持論の家元ですが、混ぜモノかつアウェイとあれば話は別。言われるまま他のモモイストとともに最前付近へ。

 

・・・何で最前中央空いてるの?

 

誰か行きなよ。統制やりなよ。俺?やだよ。柄じゃないよ。

「どうぞどうぞ」ってダチョウ倶楽部かよ。

 

そんなバタバタした状態のまま、ぬるっとモモーイが登場。最前中央は・・・ぽっかり空いたまま(滝汗)

やむを得ず?赤帽先生を最前中央に押し出して、どうにか体裁は整えることが出来ました。ふだん後ろにばっかり居ると、いざ最前に行ける状況では、どうして良いか分からなくなってしまうものなんだなあ。赤帽先生お疲れ様でした。

 

んで。

「川崎のワンマンでも最前中央ゆずり合いとか、あったりして」

「ねーよw でもみんな後ろ大好きだから、前の方の人口密度、大したことないんじゃないかな」

「チケットもそんなに出てないし、変な意味で民度高いから、満遍なく薄まるよねw」

 

「もしかしたら、最後尾入場でも、最前行けちゃうんじゃないかな」

 

(↑伏線)

 

 

 そして、ワンマンライブ当日。

 

 前夜からコール本の制作でひーひーだった家元さん、この日は朝から秋葉原で印刷、川崎で製本と、割と綱渡りなスケジュール。川崎のカラオケ店でひたすらホチキスをぱちぱち。物販開始時刻を過ぎても、まだ製本やってました(;^ω^)とりあえずファンネルを飛ばして(※代わりに物販を買ってきてもらうという俗語)ライブグッズは無事確保。450部のコール本が製本完了したのが13時半くらいだったかな?

 

f:id:momo-itimes:20160727225402p:plain

急遽制作することになったので、色々と突貫工事だった今回のコール本。お手にとって頂いた皆さんありがとうございました。表紙の写真は某女性モモイストのお胸。お名前をクレジットしようとしたら謎の圧力で止められました(笑)

 

その後昼ごはんを求めてチッタデッラをさまようと、何やら新しく出来たレストランがあったので新規開拓。

f:id:momo-itimes:20160724135239j:plain

ライブ前祝いにタコライス。家元さんご満悦。

しかしのんびりもしてられませぬ。そろそろ入場開始の15時が迫ってきていたので、コール本配布のために現場へ推参することに。

 

f:id:momo-itimes:20160724145219j:plain

 

さすがにワンマンライブとなると、初めての方、おまいつの方、お久しぶりの方、レアポケモン並みの出現率の方(笑)など、大勢の方が集まります。

 

入場開始は定刻、整然と入場は進み、整理番号カウントは420人くらいまであったハズ。その後当日券も結構捌けていたので、なんだかんだで最終的には450〜470人くらいの来場者数だった模様。ここまでは予想通り。

僕は色々あって当日券で入ることになったことや、最後までコール本配布をする関係もあり、ほぼ最後尾で会場入り。

 

ロビーにはいつもより多くのフラスタがあって絢爛豪華でした。いくつかUPしておきます。撮れなかった方スマソ。

f:id:momo-itimes:20160724152639j:plain

f:id:momo-itimes:20160724152643j:plain

f:id:momo-itimes:20160724152647j:plain

 

いざチッタのホールに入ってみると。うーん、ほどよく散らばってますね(;^ω^)

正直ワンマンライブならば、もうちょっと入って欲しい感じ。

 

で、ちょっと人探しをしていた関係もあって、フロアをうろうろしていたのですが。

気づいたら、あっさりと最前に到着しちゃいました(;^ω^)

※強引に割りこんだり、押しのけたりしてません。

先週話していた「最後尾入場でも最前に行けるのでは?」を図らずも実証することになってしまい、動揺を隠せない家元。

まあ、それくらいの人口密度だったってことなのですが。

 

「最前まで行って戻ってきた」

「行けるんだwじゃあ、 そのまま前に居ればいいのに」

 

「イヤです(きっぱり)」

 

だって・・・後ろの方が楽しいんだもーん!

 

 

16時。ほぼ定刻通りにフロアは暗転。2時間半に渡る、狂宴の始まりです。

 

(次回へ続く)